第41回永井4段が教える日本拳法コラム| 攻撃時バランスが崩れる人に苦肉の策を

f:id:jiyuukai:20190813200857j:plain

 

パンチやキックを打つ際勢いをつけ過ぎて前のめりになったりバランスを崩したりしたことないですか?


或いは別に脅威に感じてる対戦相手ではないのに逃げ惑う相手に攻撃を当てれず空回りしたことはないですか?

私風に言うとニュートラル崩れてるって状態で初心者さんがよく陥ることだと思っています。←体軸や捻転で打ててないからこうなります

せっかくの勢いを利用されてカウンターを喰らう…私もよくありました👍

前に出る勢いとバランスと悩まれる方に1つ試して欲しいことがあります

それは…

「攻撃後バランスが崩れそうになったらスイッチして追撃する」 です!!!

前提としてスイッチするのはメリットだけでなくデメリットもございますので、あくまでも1つの方法として捉えてくださいね


まずバランスを崩す原因が全体重が上半身に乗ってしまって踏ん張ることが出来ないことだと思います←体軸や捻転でパンチを打たずに手打ちパンチの人に多い問題だと思います

そのような状態になった際に後ろ足を一本前に出してみてください、少なくとも転けるようなことは無くなるはずです。

この状態で終わってしまうとただバランスを保っただけなので、せっかくだからパンチやキックをしてみて下さいね👍

この技のメリットは攻撃の距離を伸ばすことが出来たり、それによる変化がメリットだと思っています。前川選手が得意としておりただでさえ長いリーチや攻撃のリズムを変えられるので勘弁して欲しいですよね笑

また前のめりになる勢いも利用できるので不慣れなスイッチ攻撃も勢いに任せる←誤魔化すことができるかもしれません!

いきなりスイッチしながらフックを叩き込んだり←距離が延びたり虚をつける
蹴るふりしてスイッチしながら追い込んだり←友中選手が昔してました
さまざまな使い方もあります

逆にデメリットは足を変える際に大きなスキが出来ることが多いことです。上手な足変えが出来ないとただ相手にチャンスを与えるだけになっちゃいます
特に体の大きな選手は突っ込んだ際に胴抜きされて負けちゃうケースもあると思います
私がそうでした


タイトルを苦肉の策とさせていただいたのは
順番でいうと
基礎⇨応用⇨崩し
だと私は思っています。
この技は私の中では崩しの技で、かつてこの技が便利で基礎を疎かにしてしまった選手もいます
とにかく強くなりたい人は足腰!体幹!鍛えて下さいね🤗


上手に使わないと逆手に取られてしまうことも多いので、これを使うよりもまず基礎を構築する方がいいと思うのですが、思いの外、便利な技でもあるのでワンポイントで使ってみたり参考にしていただければ幸いです。

 

 

その他コラムまとめは下記から

 

niken-jiyuukai.hatenablog.com

 
 

東京都で開催中!日本拳法 自由会の概要はこちら

 

過去の練習報告・練習動画 体験申込は下記から

https://facebook.com/nikkenjiyuka

3月16日日本拳法自由会練習報告

f:id:jiyuukai:20190317173102j:plain

会員の古川です。

本日は田町にて5名で練習を行いました。

 

最近、技のバリエーションを増やせないかと思ってタックルを取り入れています。

理想としては

タックル→片足をとる→金的へ膝蹴り

という流れで決めたいのですが、今日はすべてのタックルを潰されてしまいました。

 

タックルにくる前に前に手が下がってるからわかる

 

と、相手の方に指摘いただいたのでタックルに入る前の仕掛け方を今後の練習で考えていこうと思います。

 

第41回永井4段が教える日本拳法コラム|体格がある選手に使って欲しい技 蹴り組み

 

来週はK−1ですね😀はてなブログに投稿しました #はてなブログ
私は皇治選手と芦澤選手が大好きですので今回も非常に楽しみです

本日は私が一番得意としていた技で、「蹴り組み」って技です!
※ネーミングは私が勝手にしてるものです

この技は私を一番助けてくれた技で体格ある選手や組み技が強い選手には絶対的にオススメな技です!

体格ある人に多い弱点ってなんだと思います?
スピードに翻弄されたり、間抜かれたり、胴抜きされたり…パワーで優っているのに技に抜かれてしまうことが悩みの選手って多いと思います!


組んで投げるにしても…組みに行くタイミングってスキが多くなることが多いです、そこを狙われちゃいます(T . T)
前川選手が一本取られるパターンは前に出た際に胴抜きされるケースが多いです。


そんな弱点を無理やり無視して組みつく技です。
※決して華麗な技ではなく地味ですよ(^^)


とにかく動画見てください↓↓↓

youtu.be

解説
この技は前蹴りを利用して組みの体制まで持っていく技になるんですけども…日本拳法している選手は本能的に足を取りに行って優遇技である金的を狙いに来る選手が多いです!


蹴り技はリスクが高い所以はそこにあるのですが…
逆にわざと取りに行かせて、取られた足を踏み抜いて優遇技を潰してしまうと同時に完全に組みの体制に持って行くことが可能です!


踏み抜く際に体重を乗せて足取られてるのを解除するんですけども、体格、身長があれば上から踏み抜くことが可能で、より体重を乗せることが可能です!

 

また、取られた足を外す際に足をピンと伸ばして、相手の腕の合間に体重を乗せるのがコツです!

 

ある程度組みが出来る人に対しても、この組み方を行うと、盲点をつけるのでより投げやすい気がします( ̄∇ ̄)
なんせ、ホールドを解除出来た先にはガップリ組める距離がまっています

 

この技には思い入れがあって、私がどうしても勝ちたかった選手に勝った時、使用した技で、元々組み嫌いな私が迷走していた時に考えたものとなりますので、迷い失敗もうまく行けば糧とできることを知ることができました。

パクリの私の唯一のオリジナル技です!


って言っても使ってる人もいるとはいると思います(^^)

ちなみに私じゃないですが、膝バージョンを起用している選手もいます!

 

そんなこんなで体格良い人は組みに行く為の1つの選択肢として試して頂ければ幸いです。

 

 

その他コラムまとめは下記から

 

niken-jiyuukai.hatenablog.com

 
 

東京都で開催中!日本拳法 自由会の概要はこちら

 

過去の練習報告・練習動画 体験申込は下記から

https://facebook.com/nikkenjiyuka

 

 

3月2日 日本拳法自由会練習報告

会員の古川です。

本日は田町にて4名で練習を行いました。

いつもは基本の技練習が終わったらひたすら防具稽古という流れですが、この日は人数が少ないこともあって、日本拳法の型やカウンターの練習もやってみました。

 

日本拳法の型を練習する度に思いますが、動きが多いです。

空手や剣道の型の2倍くらいの動きが1つの型に入っているため、覚えるのに毎回四苦八苦します。

 

ただほかの武道の型同様、身体の動きの質をあげる、日本拳法が目指す身体の動きを学べるよい練習です。ですので、足りない頭をフル回転させて、どうにかこうにか覚えようと頑張っています。

 

・・・もしかしたら、動きが多いのはそれが狙いなのかもしれません笑

頭も身体も疲れる楽しい練習なので、これからも続けていきたいと思います。

 

 

 

第40回永井4段が教える日本拳法コラム|日本拳法オススメ技Part6 サブマリンステルスパンチ

 

f:id:jiyuukai:20190226230128j:plain

 

随分ご無沙汰しております
最近執筆できない私です


角野選手との戦いを経て、私は角野選手からの指導から卒業することができました。
今後彼に指導することはもうなくなるので防具をつけるのは自由会さんにお伺いする際のみとなります。ダイエットの為のキックボクシングもやめましたしね(^^)


さて私は昔から必殺技というものに異常な憧れを抱いており、高校の頃に同期と漫画はじめの一歩の技を使ってみたり、内股からの払腰への流れを白虎投げとかいってネーミングしてみたり…馬鹿な高校生だなぁーって思います笑

そんな私も30歳を超え…未だに必殺技を考えている痛い人間になってしまったことは極めて残念ですね(~_~;)

本日はそんな私の考えた必殺技から

「サブマリンステルスパンチ」
というものを紹介させて頂きます。

 

youtu.be

 

非常に恥ずかしいネーミングセンスですので申し訳ないのですが自由会さんに自由に書かせて頂けているうちに恥ずかしい技も紹介していこうと思います。
※私の必殺技は誰かの動きに名前を付けてるだけのものが多いです笑

まず
サブマリンステルスパンチは
サブマリンパンチとステルスパンチパンチの合わせ技になります笑


サブマリンステルスパンチの流れ
①前拳で相手の胴を叩く
これにより意識を散らし餌を撒くことと、胴を叩かれることによる牽制で相手の踏み込みなどに対しての抑止力とする、距離を作ることが出来る

②体(頭も含む)を沈めて踏み込みながら①の使用後に続け様に後拳を当てる
その時のコツはワンツーの合間を出来る限り無くす
また、パンチは真っ直ぐ打ってもいいですし、スイング気味でもいいと思います。

って流れです
上下に打ち分ける技ですね!
また、私がよくいう、餌撒き→回収の技ですね!
下に意識をやって下を打つと見せかけて上を殴る技ですね
何がいいって単純な作業で頭あんまり使わなくていいので実践でも直ぐに使えると思ってます。


ちなみに
①の前拳で相手の胴を叩くのが
「サブマリンパンチ」

②の沈みながら後拳が餌撒きからの回収による見えにくさを形容して
「ステルスパンチ」

合わせて
「サブマリンステルスパンチ」と呼んでます(╹◡╹)
上の流れは1つの使い方で餌撒き無しでもかなりの効果を発揮出来るのではないでしょうか?
沈み込むから相手のパンチを避けながら打てたりもするので単品でもどうぞ!

この技が決まれば相手は上下の選択を迫られるので迷いを生じさせることが出来れば優位に立つことが出来るかもしれません。

サブマリンステルスパンチの回になりますが、むしろ①サブマリンパンチが私としては非常に秀逸な技だと思っています。
何故なら前拳で打つ事によってコストが少なく、それでいて餌撒き効果、下に意識を行かせることが出来る、踏み込みなどの抑止力と出来ると思っています
何より日本拳法では音が結構重要だと思います、たとえ一本にならなくても音を鳴らされるのは相手目線で非常に嫌なのです
前拳で胴を叩くのは手軽に音を出せるので効果的だと思いますよ

ステルスパンチは別に打たなくても普通の面突きとか顔への前拳がより当てやすくなるかもしれません

とりあえず前拳で胴を叩いてみてください!
何も考えずに下に意識をいかせるって思って下さい!
相手にストレスを与えることが出来ると思いますよ(^^)

練習では上手くいくんですが実戦で試したことないのでお使いの際は自己責任にて笑

 

その他コラムまとめは下記から

 

niken-jiyuukai.hatenablog.com

 
 

東京都で開催中!日本拳法 自由会の概要はこちら

 

過去の練習報告・練習動画 体験申込は下記から

https://facebook.com/nikkenjiyuka

 

 

1月19日の日本拳法自由会練習報告

f:id:jiyuukai:20190120001736j:plain会員の掛須です。明けましておめでとうございます。


本日の田町での稽古、私は自由会では今年初稽古となりました。

稽古は参加者全員で防具を使用せず形を練習するという、日本拳法の練習としては些か新鮮な内容となりました(偏見でしたらすみません)。


個人的に、形に集中するという練習も好きです。

自由に動く相手がいて臨機応変に対応しなくてはいけない状況とは違い、先ずは自分の動きだけに集中することができるからです。

(でもそんな状況でも形を上手くこなせることは少なく、特に関節技が全く決まらないです)

なにより今日のような稽古は、日本拳法の動きを学ぶことができる貴重な機会でした。


自分が「すごい!」と思った動作を強い人に質問すると、

「○○の形(基本)と同じですよ」という返答を聞くことがあります。

何か一つでもその域の"モノ"を身につけたいと思いながら、今年も稽古に励みたいと思います。f:id:jiyuukai:20190120001806j:plain

第39回永井4段が教える日本拳法コラム|2018 永井さんが勝手に選んだカッコよかった一本10選

f:id:jiyuukai:20181227111419j:plain


 

 

 

タラコ食べると痛風が爆発する永井です。

 

2018年白虎杯が終わり大きな大会はこれで全て消化されたと思います。

 

本日は2017年の白虎杯から2018年の白虎杯までの一年間でカッコいい、迫力、美しい、華麗、高等技術、絵になる、なにより私好みと感じた一本を10選させて頂きました!

自由会の皆様や読んでいただいている皆様に参考にして頂ければ幸いです。

↑他にもいっぱい凄い一本あると思います!

YouTubeに載っているor私が持っている動画の中から選考しています。

動画見すぎて目が痛い、あとあんまり団体戦見れてません( ;∀;)

 

また、この動画の最後の一本が永井さんが勝手に選んだ今年一番凄いと思った一本

 

「永井さんが勝手に選んだM V I 」

Most Valuable 一本

 

です。

審査基準は私の好みです笑

※あくまでも個人的感想です、個人的に好きな一本です。

 

youtu.be

 

①見事なフェイント、誘いですね、相手は打ち終わりに組みに行こうとしていた筈ですが完全に反応させられタイミング外されました

めちゃ華麗!

切り取って何度見たことか^_^

 

②ストレートパンチとスイングパンチのぶつかり合い、一瞬での決着がカッコいい

最短距離を走ったストレートパンチの勝利

凄い迫力です!

 

③アクロバティックな組み技は見応えがありますね!単純に「おぉー」となりました

 

蹴り足の打ち終わり狙らわれてるのに更に打ち終わりカウンターを被せてます。流石スーパー高校生!

 

⑤サウスポーvs.サウスポーで正面からミドルキックを完璧に決めています。

狭いとこ狙ってるのでピンポイントで相手の攻撃に被せてます。タイミングが合わないとなかなか出来ないと思いまます。

 

刹那の打ち合いの中での真っ直ぐの強さをこの動画で知ることができると思います。

互いの前に出る気持ちが迫力満点!

 

⑦ハイキックでダウンを奪います

単純に凄い!

倒れた相手へのリスペクトも怠っていません。

昔はやんちゃな選手だったのに…成長しましたね!

このハイキックはゴーストライターmayoちゃんが放っています

 

 

前脚でのハイキックは日本拳法の世界において超高等技術と思っています。←空手の世界ではよく使用されるみたいですが…

日本拳法でここまで見事な前脚ハイキックは初めて見ました、 めちゃカッコいい!

 

迫力満点の秋葉選手に真っ向から向かっていく姿は見てて燃えますね。

前川選手の組み離れ側にすぐに攻撃するところや、常に立ち位置が違う部分が凄いなぁって思います。

とにかく気迫を感じます。

 

⑩この動画が永井さんが勝手に選んだMVIです。

両者は何度も対戦しており互いに決めてを知っている中で必殺の面前蹴りを完璧に決めました。

注目していただきたいのが、蹴られている選手の手が完全に胴前蹴りへの対応をしていることと、蹴る寸前にタイミング測るために少し溜めを持っています。←そう見えてるだけかも知れませんが…

恐らく狙いすましていた通りに決まったのではないでしょうか?

この試合の一本目の取り方も完璧で流れ的にも優位な状態だったと思います。

蹴る直前も上下に一回づつ攻撃をしているので、潜在的に意識づけられてる何かがあったのかもしれません

流れも含めて私の理想の面蹴りでした。

↑是非フル動画も見てみて下さいね

 

 

まとめ

何度も動画を見たりしたので目が痛くて堪らないですが、大体は試合見に行った際に凄いと思ってたらYouTubeに上がっているケースが多く探すに苦労しないのが多かったと思います。近大監督の石津先生様様ですね!

 

 

 

正直ただの自己満動画ですよ笑

とはいえ凄いなぁと思わせてくれた一本へのリスペクトを込めてこんな感じで作ってみました。

こんなんやってますがホンマは…

私じゃないもっと見る目ある誰かがこんな感じでやってくらたらいいなぁと思います。

むしろ見る方に回りたい笑

 

それこそ、公式で運営の人達がノミネートした動画に投票とか…

日本拳法大ファンとして、そういうのも希望します笑

プロじゃないし無理か笑

 

2018年は最後の投稿となります。

お付き合いありがとうございました。

その他コラムまとめは下記から

 

niken-jiyuukai.hatenablog.com

 
 

東京都で開催中!日本拳法 自由会の概要はこちら

 

過去の練習報告・練習動画 体験申込は下記から

https://facebook.com/nikkenjiyuka